激渋温泉・口上など

口上・なぜ「激渋温泉」なのか?

-とう[秘湯] 人にあまり知られていない温泉。
広辞苑の第五版にはただそっけなくこう書かれている。しかし、秘湯の定義は何か?どこからどこまでを秘湯と呼べるのか?という話になると実は非常に曖昧模糊としている。秘湯に関するホームページを作ろうと思い立ってこのかた、私は「秘湯」という言葉にずっと振り回されていて、自分の中で「秘湯」をどのように定義したら良いのかあれこれ考えているうちに、何だかこんがらかって分からなくなってしまった。
秘湯に求めるイメージは人それぞれ千差万別で、当然いろいろなベクトルがあって良いのだが、一方で「秘湯」という言葉は、宣伝用にあまりに安易に乱発されすぎていたり、テレビの旅番組等で秘湯とは思えない普通の温泉がもっともらしく秘湯扱いされていたりと玉石混交も甚だしく、今やかなりイメージが形骸化して陳腐になっている感があるのを否めないのも大いに気にいらない。
いったい私は秘湯のどんな点を好ましいと感じているのか?なぜ秘湯なのか?と改めて考えてみると、最も重要な要素は「渋さ」、語感が弱いので言い換えると「激渋」さ、ではないかと思うのである。そこで「激渋」という言葉をキーワードにしてみたら、私の意図する温泉のページを作るのには、むしろ「秘湯」という表現よりも遥かに具合がいいということにハタと気が付いた。
例えば、大抵の秘湯は渋いのでそのまま「激渋」となるのだが、一般に秘湯と呼ばれている温泉であっても実際に私が渋いと感じなければ「激渋」には該当しないし、逆に今まで「秘湯」というカテゴリーには入れなかった一般の温泉地にある渋い共同浴場などは、「激渋」という括りならば「秘湯」と同じ土俵で評価することが出来るのである。また、自然のまま放ったらかしで湧いている「野湯」の多くも「激渋」の括りに納めることができる。そしてなにより一番のメリットは、温泉を分類する上でどの辺りの温泉から秘湯と呼べるのか?などという不毛なことを考えないで済むことである。
てな訳で秘湯のページを作ろうと思い立ってから長い間いろいろと考えた挙句、私が辿り着いたひとつの結論が、「激渋温泉」ということなのである。
しかし、当サイトにおける「激渋」の基準は完全に私の主観に基づく曖昧な物なので、周囲の環境や訪ねる季節によっても変化するし、空腹は最高の調味料というのと同じように、登山やスキーで汗だくになった後に入った温泉はそれだけで評価が高くなったりしているので念のため。
「激渋」を構成するファクターはパッと思いつくところでは、鄙び・素朴さ・歴史を感じさせる風情や情緒・地域との一体感・それとは逆に天然度の高さ・マイナス要素としては近代的な設備、などが挙げられるが、現時点ではまだ考えが煮詰まっていないので、その辺りのことは後でゆっくり考察してみたいと思っている。(2003.6/4記)


温泉と私

私が温泉と出会ったのは二十歳をすぎて本格的に渓流釣りと登山にのめり込み始めた頃で、それ以前は一度も温泉に入った記憶がない。
私にとって温泉の当初の目的は山歩きで溜め込んで来た汗や垢を洗い流すことで、旅先で道路地図を開いて近くにある適当な温泉を見つけて、行き当たりバッタリで入るという状態が長らく続いてきた。当然ながらほとんどが立ち寄り入浴で、これまでで宿に泊まったのは酸ヶ湯と白神温泉と寸又峡温泉の3つだけで、しかも前の2つは素泊まりだった。
私が出掛ける旅先はほとんど山奥のどん詰まりばかりなので、自然といわゆる秘湯と呼ばれる温泉を多く利用して来たが、酸ヶ湯も乳頭温泉も後生掛温泉も、このサイトに掲載した温泉の半分以上は、最初に立ち寄った時には名前すら聞いたことがなかった。そんな有様だから、今から考えると実に勿体無いことに数多くの魅力的な温泉の横を何にも知らないで素通りしていたり、気が付いていても我慢して温泉に入らずに帰宅したりしてもいるのだが、それでも予備知識無しで多くの渋い温泉に入ることが出来たのは、その分驚きや感激が大きかったのでラッキーだったと思うことにしている。
しかし、かくの如くテキトーに温泉に入ってきたので、どこにでもカメラを持ち込む記録魔として知人の間では悪名高い私であっても写真を全く撮っていない温泉が推定20くらいはあり、そのうち半分くらいは激渋だった。いざホームページを作り始めてみると、今更ながらなんとも勿体無いことをしたものだと思う。また、特に内湯の場合はカメラのレンズが湯気で曇ってしまっていてほとんどロクな写真がないのと、そもそも写真が少なすぎるのには参った。

若い頃は温泉には本当に無知で、単に山の垢を洗い流すだけの場所で目的地ではなかったのだが、最近では無知の素朴な感激と引き換えに予備知識もだいぶ蓄積されてきて、だんだんと温泉も目的地になりつつあるので、これからはホームページ用にしっかり写真を撮って来ようと思っている。(2003.6/6記)


激渋温泉 トップへ戻る
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO