鳥海山(大平から御浜往復)
大平(おおだいら)、御浜(おはま)と読む。浜松のT氏が仙台に住んでいた時のクライミング仲間で、現在酒田市で農業を営んでいるSさんと3人で出掛けた。体力を持て余しているクライマーの2人は普通に世間話をしながら、前を歩く登山者を片っ端からごぼう抜きにしてどんどん先に行ってしまい、体力がヘロヘロの私としては後を追って行くのがかなりキツかった。Sさんの大叔父にあたる斎藤清吉という人は鳥海山の冬期登山のパイオニアと呼ばれた人物で、T氏によればSさん自身も三崎エリアの岩場を開拓した東北地方では有名なクライマーとのこと。遺伝て凄いなあとつくづく感心した。
体力自慢のクライマーコンビ・酒田のSさんと浜松のT氏 まずは電波反射板を目指して登る
鳥海湖の縁・御浜に到着 鳥海湖に滑り込むT氏
御浜から鳥海山・このコースは山頂は目指さずに御浜までという人がほとんどだった
御浜小屋・入り口だけ掘り出されている トタン屋根はソーラーパワーでホカホカ暖かい
山菜採りの時とほぼ同じスタイルの私 大平まで最後のひと滑り

Mt.Ski
Album トップへ戻る
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO